koyomi
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
menu
archives




links     thanks to ...
日々精進の励みに…
バナーを1押しお願いします!
   
     
   
   
recent C
my boom
my boom
about

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from gauche29. Make your own badge here.


night of a full moon
RSS1.0/ATOM0.3

RSS2.0


 
カーボンオフセット葉書
produce
ITO,Yocnori
product & design

templated by "flat white"
photo
Ichigo & Mw
Gauche
editor
Gauche
special thanks to
Kihachi, Dora and Cami
technical support
TABE,Mahito
photo slide by
 
mp3player by

amazon affiliate

jw hosted by



adobe
Firefox 3

Google Chrome


このサイトに関するご意見,
ご質問はこちらからどうぞ…

powered by JUGEM

salon de 15屋

末永くどうぞ,ごひいきに …
東村山にて,小さな「デザインと映像つくり屋さん」を営んでいます.
その日々のよすがと想念の足休めにと思っております… .
映画の不定期コラム<15夜通信>もお茶うけにどうぞ. (^^jeepway

<< ココナツチョコと… | main | 真鯛買う. >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - / - |  del.icio.us g bookmarks はてB
15夜通信 … 男・三之介 〇
amazon

市川 崑 監督
佐久間 良子 小林 昭二
石坂 浩二 主演

「 病院坂の首縊りの家 」
1979.5.26 公開 東宝
139min
イーストマンカラー/ビスタ1:1.5

撮影 長谷川 清
音楽 田辺 信一

by G-Tools
T-tag:

人間ってどこかぞんざいに生きているところがあって,
だから生きていけるとも言えるのだけれど,いざ亡くなられた市川崑監督を前にして
好き勝手に書くことができなくなっていました.
ただ方方で,温かなオマージュを拝見し,「えいや」とかねてより準備していた作品を
書いてみようと思いました. 訃報の後,まずTSUTAYA東村山に走って借りたのが
本作なのです. 僭越の極み,弱輩の露呈に,しばしお付き合いくださいまし.


いきなり原作者の登場で始まり,しかもそれが意外に長く,セリフまである
この映画は,一連の東宝金田一作品を見ている人でないと
感情がついてゆきづらい作りになっています.

また5作目という,かなりイレギュラーな連続技ゆえの度し難い作り手の
テンションが,そのまま作品にも出てしまっていることを否めません.

小生が,お仕事で展示会を請け負った時にいつも感じることなのですが,
4日間ある期間中に,一番出来の良い日は2日目であることが多いです.
そして,一番ミスしやすい,またケガが多いのが3日目です.
これは初日の緊張感とダメ出しをいいテンションで持続できた2日目と
馴れと疲労の出た3日目という,わかりやすい感情の流れによるものと
思われます.4日目は,もうこれで終わりだという高揚感や達成感から
また上げていくことが多いですね.しかし,完成度ではなく,その
インパクトや面白みに関しては,2日目が最高という経験が多いのです.

小生の市川金田一作品の生涯鑑賞頻度は現時点でこうなってます.

女王蜂>手毬唄>犬神>病院坂>獄門島>八墓村

前から申しております通り,傑作と言えば「悪魔の手毬唄」だと思いますが,
小生が好きなのは「女王蜂」です.これって,先ほどの小生の経験値と
合致するので面白いなぁと思います.

ちなみにこれを原作読了回数に変換するとこうです.

獄門島>犬神>女王蜂>八墓村>手毬唄>病院坂

これは単純に東宝市川作品に限ったもので,横溝著作にとなると
また別の様相を呈してきますが,いずれにせよ映画と原作ともに
本作品は下位に甘んじた作品です.
といって原作が面白くないわけでなく,むしろ非常に面白いところにまた,
本映画に対する妙な先入観があったと思われ,またその市川崑作品という
意味での先入観もミックスされ,長らく小生の中で停滞していました.

しかしこの映画「病院坂の首縊りの家」ですが,実は現在進行形で
上の位を猛追しているわけで,これはどうしたものか,
頻繁に手に取るようになったここ10年ほど,もっと正確に言えば,
結婚してから何だかたまらなく良くなってきた作品なのです.
「獄門島」を鑑賞頻度で上回ったのもつい最近… .

何を持って手に取るのか.

それは兎にも角にも,佐久間さん演じる弥生と小林さん演じる車夫三之介の
凛とした美しさに尽きます.

高峰さんや岸さんのぬらりとした影の魅力とは違う,清楚で涼やかな
佐久間さんと,「おやっさん」や「キャップ」と並ぶ素晴らしい役を見事に
演じ,そして何度見ても小生は泣いてしまう小林さんのラストの芝居.
シーンとして,それほどの数のショットがあるわけではないこの2人の醸す
空気感にシビレタところから,小生の中での「病院坂…」の猛追が始まりました.

そして一度その良さがわかると今まで見えなかったものが見えてくるから
人間の感覚って不思議ですね.それが例え,必ずしも良いところでなくとも
それさえもが魅力に感じてくるのですよ… ,年ですかね.

前半の小沢さん演じる徳兵衛に金田一が何事か依頼され,部屋から出てくる
シーンですが,ここで清水さん演じる徳兵衛の息子直吉に探られる
やり取りがあります.ここでの石坂さんの軽く往なす芝居は見事です.
探偵家業が染み付いた男の事も無げな仕草に感服し,またあの飄々とした
風情も,戦争を生き抜き,そして食べるためのいわゆる処世術という
生きることに必要なリアリティを瞬間的に凝縮したと感じます.

石坂さんの卓越した力量に負うところがもちろん大きいですが,
それだけでなくこういうところに映画の神様は風を送っているのだなぁと
思います.

また,草刈さん演じる黙太郎との食堂のシーンでも,黙太郎の仮説に
対して,「僕はそうは思わない」と間髪断固とした口調で臨むところに
ロジックではない,生理的な部分での男「金田一耕助」を感じ,
原作の持つイメージをもっと豊かに,もっと大切にと扱う石坂さんに
感動します.最後を謳った作品だけに,金田一の人柄に迫る説明的な
セリフが多いことも事実ですが,それを凌駕するあの「僕はそうは思わない」は
名シーンであったと思います.

ほかにも常田さん,大滝さんの常連も楽しいし,三木先生もさすがです.
白石さんも相変わらず全開ですね.
そして何より素晴らしいのは,草笛さんの芝居!
「女王蜂」のちんどん屋お富といい,こうした「動き」でその人の人生を
表してしまう演技力と解釈に感動すら覚えます.

吉沢を演じるピーターさんは,時折口で風を送って自分の前髪をフワッと
浮かす癖を見せます.これは役者自らの解釈によると想像しておりますが,
その中で河原さぶさん演じる滋との廃屋のシーンでもやはりこの仕草が
出てきます.しかしここで,監督はこのアクションの終わるか終わらないか
のところでカット変わりしていて,おそらく役者は,この仕草の後にも
芝居を続けていたと想像しています.
様々な事情は考えられますが,この作品が,他の作品に比べてそれぞれの
キャラクターの深みのところで物足りなさを感じるのは,決して原作の
情報量を2時間強にたたんだ無理が祟ったわけでなく,こうしたところに
起因しているのだと小生は思います.
そして,「度し難い」というところを感じてしまうのです.

でも,これはこれでいいのだと思うようになりました.

生まれた時の干支が2度回って,しかもあの「東京オリンピック」を作った
監督に,同じシリーズで5作目を作れと命じるとどうなるか見せてやる!
坂の別れでシットリと終わると思わせて,原作者の再登場の長いシーンで
終わってやるぞ! ロケ地も増やしちゃうぞ! 照明もいっぱい使うぞ!
フィルムをがらんがらん回しちゃうぞ! 淳子ちゃんに歌わしちゃうぞ… .

瓦屋根の間の道を金田一が行くなんていうフカンからの絵を長玉で撮っちゃうぞ!
明朝を使わないぞ! でも残像を残して字がスライドするなんてことしちゃうぞ!
弥生が三之介の車に乗って登場する坂のシーンで,その両脇の木を
そよそよ揺らしちゃうぞ!
小沢さんの徳兵衛が弥生に挨拶するところの目に,わかるかわかないかの
キャッチライトを仕込んじゃうぞ!
金田一と黙太郎とが歩くシーンで真フカンのまま横移動しちゃうぞ!
佐久間さんに15才のシーンも演じさせちゃうぞ… .

でも,ラストの写真の乾板の示すくだりの,
「あなたはそれを見たんですか… 」
のセリフは引き絵一本でいくぞ! これはヨッてはいかんのだ!
自ら女が女としての恥辱を認めるシーンで,どうしてその女の顔を撮れようか… .
もしヨリの絵を撮ろうとしている奴は映画を撮る前に,人として許さないぞ!

僕はあなたの映画を見て育ちました.
小学校の時に「犬神家の一族」を見て以来,映画や映像の魅力を
勝手に感じてしまいました.よく言われる技術的な部分ではなく,
被写体,登場人物に対しての徹底した真摯な姿勢を見せていただいたと
思っています.美しいものをより美しくは当然で,醜いものや弱いものに
相対した時にも,どのような視線を獲得するかが勝負であることを
示されたと思います.

玄関で,小林さん演じる三之介がすわった向こうの障子越しに,
人力車のシルエットが薄っすらと見えている絵がとっても好きです.

弥生の最後のセリフ「冬子が待っている… 」は,そのまま監督にも
当てはまります.小林さんはもちろん,三木先生,伴先生,高峰さん,
そして若山富三郎さんも手ぐすねを引いていることでしょう.

「私は三之介の人力車が好きなのよ」

このセリフは,とっても市川崑監督らしいと,
僭越ながら言わせていただきとうございます… ,ご冥福をお祈りいたします.


・ブタネコのトラウマ
病院坂の首縊りの家いつも勉強になります.そしてここから素晴らしい
横溝関連のパワーブログの皆さまにも出会えます.

・YouTube「病院坂の… 」
まぁお茶うけにどうぞということで.

15夜関連記事
2006.08.03 「リカさん」 / 2006.07.18 「佐清」
2007.07.01 「続・りかさん」/ 2007.07.23 「ツクモと読む」
2008.02.14 「くわえ煙草のスヌーピー」


permalink | comments(9) / 市川崑 |  del.icio.us g bookmarks はてB
スポンサーサイト
permalink | - / - |  del.icio.us g bookmarks はてB

み、観たくなりますね〜〜。シリーズ全部(笑)。
3月は遠征の予定がないので、DVD鑑賞でもしましょうかしら?
「病院坂」もう内容すら思い出せないし(汗)、良い機会です。
| 恵美 | 2008/02/29 1:04 PM |

> 恵美さん

おはようございます.
お立ち寄りいただき,ありがとうございます.

見たくなるでしょう?(笑)
「嗚呼,ゴーシュに謀られた…」などと後の
お叱りが怖いところですが,
そう言っていただけると本当に嬉しいです.
3月末のお別れの会には行くつもりでおります.
| gauche | 2008/03/01 8:43 AM |

こんにちは ブタネコです。

ようやく拙記事も掲示に漕ぎ着けたのでお邪魔しました。

撮影する側の視点、とても勉強になりました。

詳細は拙記事で述べましたが、ちょっと市川監督寄りの視点で見直すと 違う意味合いが推察出来て この「病院坂…」は興味深かったです。

ありがとうございました。
| ブタネコ | 2008/03/01 5:27 PM |

やって参りました、めとろんです。

ゴーシュさまの『病院坂』についての文章を読ませて頂き、感動を禁じ得ませんでした。ゴーシュさまの文言のそこかしこに、技術的蘊蓄のみではなく、「現場」およびそこに生きる「人間」への確かな眼差しを否応なしに感じ、シビれるのであります。

あの映画は歳を経るごとに良くなっていく…というお言葉に強く共感!結婚した時、子供が生まれた時、特に感じたことは男と女、親と子という関係の"ぬきさしならなさ"。それから、ちょっと横溝=市川作品への感じ方が変わったような気がします。

若い時に不満だった、あまりに淡々とした終わり方にさえ「人の営みとはこういうもんだよ…」と、監督に優しく諭されているように思えて(笑)横溝先生の温顔と共に、忘れ難いものになっています。

大変勉強になりました。ありがとうございました!
| めとろん | 2008/03/01 11:36 PM |

チーム横溝の皆さま,いらっしゃいませ.

> ブタネコさん
様々なご配慮と,また我が儘もお許しいただきまして
ありがとうございます… .
小生の遠吠えに,ご紹介までいただき恐悦至極でございます.

ほとんど理性のとれた子どもが書いたものになって
しまいましたが,実際時間が立つほどに今回の訃報は
小生の中で大きくなり,またこれほどまでに
ショックを受けている自分にも驚いた次第です.

その中で,ブタネコさんの記事は温かく,
肩をポンと叩いてもらった気がして,感激をいたしました.

自分の中で一つ区切りがつきました.
本当にありがとうございました!


> めとろんさん
無理やりお誘いしてしまってすいません.(苦笑)
何だか,「供養だからさ,一杯だけでもやってってよ」
という気分なのですよ. 寂しさを紛らわすために
賑やかにしたい… ,そんないつもには無いところの
いつもではない自分の行動に動揺しております.

めとろんさんの娘道成寺の記事,感動いたしました.
http://blogs.dion.ne.jp/metrofarce7/archives/6846324.html

いずれ,参上仕ります.

お寿司もあるから…と,言いたいところです.
本当に来てくれてありがとうございました.
| gauche | 2008/03/02 12:27 PM |

私の場合、病院坂〜はあのタイトルのジャズシーンでかなり上位ランキングされております。(笑)
| ワクっち(C) | 2008/03/04 1:14 AM |

> ワクっち(C)さん

いらっしゃいませ.
先日のライブの模様のお写真,拝見しています!
渋いサンバーストのジャズベースがご本人様でしょうか….

既に上位ランクとはさすがですね!
タイトルバックで,ソロの交換のところのその後の波乱を
想起させるシークエンスは小生も好きです.
| gauche | 2008/03/04 5:46 PM |

こんにちは。
お邪魔するのが大変遅れましてすみませんでした。

さすが、ゴーシュさんですね。非常に心惹かれる内容でした。

>同じシリーズで5作目を作れと命じるとどうなるか見せてやる!

これ以後に記述されている内容の件、さすがと唸ります。そう、明朝体もつかってないんですよね、本作。
いろいろとやられているんですね。私などはとても気がつかない点、非常に勉強になり、そして作品を非常に鑑賞したくなります。

実は私、本作、シリーズ5作中に極端に鑑賞回数がすくないのです。好きな順位は、「手毬唄」「女王蜂」に続いて3番目なのですが、鑑賞回数はダントツの最下位です。ブタネコさんも同様の思いを語られてましたが、どうしても最後に事件、いや市川5作品の最後ということで終わりになってしまうのがね・・・。
自身のブログでもあえて非常に好きな作品で鑑賞回数も多いながら4作目である「女王蜂」と最後の「病院坂」は記事にしておりません。これを語ることは終わりにちかづいてしまう、終わってしまうようで・・・。

また、私は基本的にどうしても金田一ばかりをみてしまいます。あの終盤の「奥様の姿が・・・」から以降のシーンは私が表現するところの金田一独自のハードボイルド、原作でいうヒューマニズムをひしひしと感じさせる、涙が流れんばかりのシーン(当然、三之介が奥様を法眼の屋敷までのせていく描写も含めて)で大好きなのです。

しかし、記事を拝読して、金田一の「僕はそうは思わない」のシーンや、他の演者の方、中でも弥生奥様と三之介の描写とやりとりの部分、ゴーシュさんのその視点と読解力さすがですね。

「病院坂」また鑑賞したくなりました。

>弥生の最後のセリフ「冬子が待っている… 」は,そのまま監督にも当てはまります.

おっしゃる通りですね。
市川監督のご冥福、心よりお祈りいたします。
| イエローストーン | 2008/03/17 10:16 AM |

> チーム横溝のイエローストーンさん

いらっしゃいませ.

イエローストーンさんの記事のお写真などを拝見し,
最後の最後までハイコントラストな現場であったと
妙に納得したのを覚えております.
http://toridestory.at.webry.info/200802/article_4.html

小生など想いに任せて書きなぐっておるだけですが,
その淋しさだけでなく,いわゆる大作なる映画作りの
技の継承がまたしてもされぬうちに逝かれたことが
とても残念でなりません.
でもその思いは秘めつつ,市川監督の様々な作品を
いろいろな方々に再び手にとってもらいたいその一心のみで
書いたものですから,イエローストーンさんのように

>「病院坂」また鑑賞したくなりました。

と言ってくださるのが本当にうれしいです.

また本当に感動したのは,亡くなられた直後,
拙ブログとお付き合い頂いているほとんどのブログで
追悼文がすぐ出たことです.
まさに見事でした.
| gauche | 2008/03/17 6:30 PM |